« 青梅大五郎-不滅のヒーロー魂 | トップページ | 河村屋酒店-#18 南海に咲くロマン »

2006年10月13日 (金)

八丁湖-#18 南海に咲くロマン

Dm18001 #18であきらと洋太郎がボートに乗ってデートしていた湖-ようやく判明!!ボートのシーンというと#39や#47が思い浮かぶが、こちらは石神井公園の池らしい。#18の湖はある程度の広さがあって、岸辺には遊歩道があり、周囲が緑豊かな丘陵に囲まれている。多摩湖や津久井湖、飯能の宮沢湖などなどいろいろ想定してみたが、どうもピッタリこない。
諦めかけていた頃、石切場関連のロケ地探しで「仮面ライダーオフィシャルファイルマガジン」を見つけた。ファイルマガジンの第1~11号 に、高橋和光氏が仮面ライダーシリーズのロケ地についてレポートされており、仮面ライダー 第8号 Vol.10 の「東松山ロケ地紀行」を読んだところ、安楽寺近くの「八丁湖」が東映特撮の定番ロケ地だったことを知った。
サンバルカン再燃-report(06/07/30)」によると八丁湖は「サンバルカン」(1981年,テレビ朝日)#34でも使われており、最近の作品でもロケ地となっているので実は知る人ぞ知る超定番ロケ地?!安楽寺の方も定番ロケ地で、デンジマンでも#31,#42で登場。「アスレチックにおいでよ!-デンジ写シーンNo.11」で紹介されている。
地図情報

Dm18002 八丁湖(埼玉県比企郡吉見町黒岩1110)は江戸時代から利用されてきた農業用の人造湖で、桜、アジサイ、紅葉など四季折々の豊かな自然に恵まれた美しい湖。ネットでの下調べではかつてボート乗り場もあったらしいが、訪れた時には営業していないようだった。周囲2kmの小さな湖だが岸線の出入りが激しい。周囲はなだらかな丘陵に囲まれ、湖畔には遊歩道が整備されている。北側の谷には古墳時代の黒岩横穴墓群もある。
写真はあきらが海彦一族の男たちに水中に引きずりこまれるシーン。背後に映っている山の上の建物は「フレンドシップハイツよしみ」だった。ファイルマガジンによると、この施設も定番ロケ地だが、デンジマンでは使われていないようだ。

Dm18003 あきらを探してデンジマシーンとバギーがやってくるシーン。上写真のフレンドシップハイツよしみ横の道路を湖の方へ走っていく(今では木が生い茂って湖面はほとんど見えない・・・)。この道路を戻ると安楽寺へ通じている。洋太郎があきらに助けを求めて電話をかけていたのは写真の左端(電話ボックスは撮影用の小道具)。
地図情報

Dm18004 水中から助け上げられたあきらが寝かされていた湖畔の遊歩道。柵の錆びつき具合と岸辺の樹木の成長ぶりが年月を感じさせる。#18の撮影時期は3-4月頃と考えられるので、もろに水中に飛び込んだあきらさんたち-すごく寒かったに違いない。
洋太郎が連れ去られた湖畔の遊歩道もあきらが助けられた場所と同所で、撮影はほぼ旧ボート乗り場の周辺で行われたようだ。八丁湖の周囲をぐるっと探索してみたが、あきら救出後のカイガラーとの戦闘シーンは八丁湖ではないらしい(狭山公園の宅部池ではないかと思われるが未検証)。

|

« 青梅大五郎-不滅のヒーロー魂 | トップページ | 河村屋酒店-#18 南海に咲くロマン »

コメント

以前はボート乗り場があったんですね…。
私も桟橋とボートのある湖を探していたのですが、
八丁湖はピンと来ませんでした。
その後“らしき”場所を発見するも、
まだ検証できていません(汗)。
東松山〜吉見には確固たる「法則(宗秀麗さん仰るところの)」が存在するようですね。
あと何度足を運べばいいことやら…(笑)。

投稿: clown | 2006年10月14日 (土) 14時26分

久々になってしまいました・・・。こんばんは。

>あきらを探してデンジマシーンとバギーが
>やってくるシーン。
うわー全然湖面が見えない! でも木は茂っている
とはいえ、当時の面影ありますね。
あきらさんの助けられた場所、まだ柵もあるのが
驚きです。

八丁池は東松山の安楽寺に行った時にも、
全然気づいていないです。
というか、サンバルカン再燃を見て初めて
八丁池だと気がついたんです。
(洋太郎がダストラーに連れて行かれる時の歩道と
柵にピンときました。)

それにしても二人がこんな森の奥地でデートする
なんて・・・(笑)

投稿: チャーリー | 2006年11月 5日 (日) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155497/3793118

この記事へのトラックバック一覧です: 八丁湖-#18 南海に咲くロマン:

« 青梅大五郎-不滅のヒーロー魂 | トップページ | 河村屋酒店-#18 南海に咲くロマン »