« 河村屋酒店-#18 南海に咲くロマン | トップページ | しだくら橋-#35 謎のはたおり姫 »

2006年10月28日 (土)

けやき通り-#18 南海に咲くロマン

Dm18301#18で海彦一族の末裔たちが次々と半魚人化させられていくシーン。千恵子巡査の目の前で同僚である内海巡査も突然変身してしまう。体育の先生(04/12/30)、酒屋さん(06/10/23)、そして内海巡査が飛び込んだ川(05/04/05)・・・一連のシーンは全て高島平で撮影されていることから、内海巡査の変身した場所も高島平だろうと推定はしたものの、場所の特定はなかなかできなかった。
千恵子巡査の背後に高島平団地と思しき高層アパートが映っているので、都営三田線から南側だと考え、DVDの静止画を再チェック・・・すると、パトカーの停車しているシーンの右側と左側の建物が、窓の形から団地ではなく商業ビルらしいと気づいた。特に左のビルは角がカットされたような特徴がある。
条件に合う場所を地図で探していくと、高島平駅から南に伸びる「けやき通り」(東京都板橋区高島平2)と判明。パトカーが止まっていたのは、けやき通りの東側歩道脇。右の建物は高島平スポーツスクール、左は板橋西郵便局のビルだった。今では街路樹が成長してビルは全く見えない。
地図情報

Dm18302千恵子巡査が変身に驚いて逃げまどうところ。後ろに移っていた赤と白の外壁のマンションも当時のまま。千恵子巡査の後ろは実は畑でそのまた後ろは中学校、今は樹木が成長して見通しは今いちだが、どおりで当時の映像に団地の建物が見えていたわけ。海彦一族となった内海巡査は、けやき通りから三田線を越え前谷津川に沿って新河岸川まで歩いていったことになる?!

Dm18303現地へ行って気づいたのだが、この場所から目と鼻の先に#25で黄山と礼子のデートシーンが撮影された「赤塚公園の歩道橋」がある。ここでもまた“ロケ地の法則”が立証?されることになった。ちなみに2人が座っていたベンチも公園に入ったすぐの場所で、歩道橋と共に「アスレチックにおいでよ!-デンジ写シーンNo.18」で紹介されている。
地図情報

|

« 河村屋酒店-#18 南海に咲くロマン | トップページ | しだくら橋-#35 謎のはたおり姫 »

コメント

高島平ではロケ地でない場所を探す方が難しいようですね(笑)。
エリア毎に団地建物の表情が違っていたり、転落防止柵に花のモチーフ(まさに'70年代風)が取り入れられていたり、また、一般のマンションでもベランダや階段にアール(丸み)が多用されていたりと、ロケ地の有無を抜きにしても本当に刺激的な街です。ちなみに…建築マニアではありませんよ(汗)。

投稿: clown | 2006年10月31日 (火) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155497/3979820

この記事へのトラックバック一覧です: けやき通り-#18 南海に咲くロマン:

« 河村屋酒店-#18 南海に咲くロマン | トップページ | しだくら橋-#35 謎のはたおり姫 »