« 新宿中央公園-#29 超能力刑事の急襲, #32 地獄の大銃撃戦, #19 私の星の王子さま | トップページ | 桃井あきら-伝説の戦隊ヒロイン »

2004年11月 6日 (土)

赤城一平-元祖イケメンヒーロー!?

Yukib 「変身シナイデ!デンジマンの結城真一が大モテ」-デンジマン放映中の1980年6月の女性週刊誌の記事だが、劇中では「あの赤城がモテるわけない(#40:朝日に消えた人魚)」といわれた結城真一さんに、実はファンレターが山のように届いていたという(なんと毎週20~30通も!)。それも子供ではなく圧倒的に若い女性からのものだったらしい(ファンレターの30%がOLさんで、残りは子供たちのお母さん!?)。

最近の特撮ヒーローの傾向は、なんと言っても変身前のヒーロー役に「イケメン」俳優が起用されていることだが、結城さんは24年前に人気を先取りしていたことになる。結城さんは今はやりのショーユ顔ではなく、出演者の中でも一番“濃い”顔だが(二番目は大葉さんか?)、1980年がまだまだ熱い時代だったことがこのエピソードからも窺われる。1954年5月11日生まれ、出演時は26歳だった。デパートの企画室に勤務していたが、モデルの仕事に駆り出されたのを機に転身(紳士服とかすごく似合いそう)。

また先の週刊誌記事によると、高校時代(北海高校)に甲子園に2回出場、南海ホークス(現ダイエー)からも誘いを受けた腕前だったという。確かに、北海高校(札幌市の名門私立で甲子園最多出場校、夏のみで33回出場!)は1970年と71年の夏の大会に連続出場している。結果は残念ながら1回戦敗退(1970年::滝川[兵庫]13-北海[南北海道]10, 1971年:美方[北陸]3-北海[南北海道]1)だったが、結城さんが高校球児だったことの方がちょっと驚き。#17:泣くな!野球小僧の回は結城さんメインの方がふさわしかったかもしれない。結城さんの本名は資料もなくわからないが、甲子園の新聞記事にみえる三和投手がそうではないかと想像している。
Toeiheromax11 デンジレッド(赤城一平)を演じた結城真一さんについては情報が極めて少ない。デンジマン出演後もいくつかのドラマに出ているが、その後芸能界から遠ざかってしまったせいもある。ネット上ではとんでもない噂話(デマ)が飛び交っていたが、先日発売された「デンジマンDVD」Vol.4と「東映ヒーローMAX」No.11(2004/11/1,辰巳出版)に掲載された座談会で、お元気な姿が明らかになった。座談会の詳細は各々の記事を読んでいただくとして、デンジマンに集った関係者の若い熱気が伝わってくる。「DVD」Vol.5の座談会記事(後編)も今から楽しみ!

参考文献:「週刊女性」1980/6/24 p.166, 「週刊平凡」1980/6/12 p.129

|

« 新宿中央公園-#29 超能力刑事の急襲, #32 地獄の大銃撃戦, #19 私の星の王子さま | トップページ | 桃井あきら-伝説の戦隊ヒロイン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。