« シナーラ号乗船記−劇場版 | トップページ | 胴網の浜−劇場版 »

2004年8月24日 (火)

京急油壺マリンパーク−劇場版

Dm063marinepark101 劇場版ラストのはるみちゃんの誕生パーティーのシーン。あきらとはるみちゃんが海を見るため走っていくが、右手に白い彫像が立っている。確かこの彫像は?見覚えがあるんだけど、どこで見たのかなあー?・・・最初はどこかのホテルの中庭とも考えたが、剱崎とシーボニアから劇場版ロケ=三浦半島説を確信していたので、映像を何度もみてみた。そしてちらっと映る背後の円形の建物が 「京急油壺マリンパーク」(神奈川県三浦市三崎町小網代)であることに気が付いた。マリンパークのパンフの案内図には、屋外ステージから展望台へ向かう途中によく似た彫像が描いてある。現地で確認したところ、これは「魚・感謝の塔」と呼ばれる慰霊碑と判明。
地図情報
Dm064marinepark102 デンジマンの5人が柵ごしに海をながめ、デンジ姫とグレートクイーン号に帰っていくデンジ号を見るシーン。背後の円柱を重ねたような建物はマリンパークの本館-ドーナツ型の大回遊水槽のある建物。シュロの木など植物は大きくなっていたり、サボテンのようになくなっているものもある。当時の映像では柵だけだが、現在は柵外側に植え込みがある。はるみママの後ろの建物は現在はなく、ヒーローショーなどイベントの行われる屋外ステージになっているようだ。
Dm065marinepark103 魚・感謝の塔を正面からみたところ。台石に碑文がある。

魚たち ここに眠る
たとえ ひとときたりと
同じ館に 生を共にした
わが友 魚たち
そっと 目をとじて
この塔に 向かえば
過ぎし日の 想いが
走馬燈の ように
浮かんでくる

どうも水族館で飼育していた生物の慰霊碑らしい。

油壺マリンパークは1967年の開設。日本におけるエンターテインメント型水族館の先駆けとなった歴史的な水族館。マリンパークは80年代東映特撮もののロケ地としておなじみの場所だったようで、「ゴーグルV」(1982年,テレビ朝日)では#21,32の2回も使われている。「バトルフィーバーJ」(1979年,テレビ朝日)#01でも海底の秘密基地ビッグベイザー内のシーンとして回遊水槽がちらっと出てくる。

|

« シナーラ号乗船記−劇場版 | トップページ | 胴網の浜−劇場版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シナーラ号乗船記−劇場版 | トップページ | 胴網の浜−劇場版 »