« デンジ号 | トップページ | 京急油壺マリンパーク−劇場版 »

2004年8月23日 (月)

シナーラ号乗船記−劇場版

Dm059synara101 シナーラ号はチャーター帆船だが、実は乗合クルーズに申し込めば誰でも格安で乗船することが可能。「あこがれのデンジ号に乗れる!」というわけで、早速乗ってみた。参加したのはサンセットクルーズで1人 5250円。これは夏季の毎週土曜日に開催されている(人数が少ないと催行されないようだ、私の時は8人)。17:30から約1時間の航海が楽しめる。この他にも昼間のショートクルーズやサマークルーズなどいろいろと企画あり。もちろん個人的にチャーターも可能(5~20万円)。
Dm060synara102 シナーラ号の中央から船尾方向をみたところ。劇中でははるみママやデンジ星人の子孫たちがデンジ号のコクピットに連れ込まれるシーン。確かにここには船内に降りていく階段があるが、シナーラ号本来の舵輪は船尾の方にある(写真中央男の人立っているところ)。
Dm061cynara103 あきら救出のためデンジ号に潜り込んだ青梅がいったん隠れていた場所。ダストラーに踏まれるコミカルなシーン。
Dm062synara104 中央から船首方向をみたところ。サンセットクルーズだったので船首方向は暮色に包まれつつある。あきらがロープで拘束されていたのは船首側のマスト横で、デンジ姫たちが並んでいたのは船首先端。乗船した日は夕方から風が出てきて結構揺れた。劇場版の撮影は波も穏やかなので湾内で行われているようだ。この船はエンジンでも航行できる。
Seaborniarice 写真はシーボニアライス。シーボニアマリーナのクラブハウスレストランの名物料理で、具だくさんのシーフードピラフ、スープをかけて食べる。おいしいので人気がある。デンジマンの5人もロケ中に食べたかも?

|

« デンジ号 | トップページ | 京急油壺マリンパーク−劇場版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デンジ号 | トップページ | 京急油壺マリンパーク−劇場版 »