« 所沢航空記念公園①−#35 謎のはたおり姫 | トップページ | シーボニアマリーナ−劇場版 »

2004年8月19日 (木)

剱崎灯台−劇場版

Dm052kenzaki101 いよいよ劇場版ロケ地報告-まず劇場版ロケ地を見直すきっかけになった場所を2ヶ所紹介したい。劇場版の最初の方でデンジマンら5人が“怪物”を誘き出すために海岸で遊ぶシーンがあるが、背後に灯台がみえる。「日本の灯台」 という便利なサイトがあり、全国の灯台が写真入りで紹介されている。熱海ロケという言葉から伊豆・静岡方面の灯台をしらみつぶしに調べてみるが、特徴に合致するものがない。念のためと思い三浦半島の灯台も調べてみたところ、「剱崎灯台」(神奈川県三浦市南下浦町松輪)がよく似ている。他のサイトでも調べてみてほぼ間違いないということになった。「つるぎさき」と呼ぶのが本当のようだが、現在では地元でも「けんざき」と呼んでいる(バス停呼称もけんざき、タクシーもつるぎさきでは通じないこともあるので注意)。ここは観光地化されていないためか、特撮ロケ地としては結構ポピュラーなところらしい。特撮ではないが最近みた藤木直人/仲間由紀恵主演の「g@me.」(2003年)でも使われていた。
地図情報
Dm053kenzaki102 5人がパラソルを立てて踊っていた場所。剱崎灯台下はテラス状のフラットな岩場になっており、その先端で少し高くなっているところ。あきらさんのピンクのビキニ姿に興奮しているのか男どもは踊り狂ってる(特に青梅と緑川の目線に注目!)。
Dm054kenzaki103 5人が次々に飛び込んでいったところはこの辺らしい(上写真岩場の西、少し湾になっている)。この海岸はかなり波も荒いし岩が鋭く尖っているので、飛び込むのはちょっと躊躇してしまうが、さすがデンジマン!剱崎は公園や海水浴場ではないので海の家はない。着替えとかシャワーどうしたんだろう?ロケもたいへんだー。
Dm055kenzaki104_2  剱崎灯台のアップ。剱崎は三浦半島の東南端、海食台地が太平洋に落ち込んでおり、灯台はけわしく切り立つ断崖上に立つ。荒涼とした感じはまさに特撮ロケ地にぴったり!東京湾を出入りする船にとって重要な目印となっている。灯台の高さは、地上から灯台頭部まで17m、海面から灯火までは約41m。光の強さは、48万カンデラ。光の届く距離は、17.5海里(約32km)。1871年(明治4年)に建設され、1923年(大正12年)の関東大地震で石造りの灯台は倒壊してしまい、翌々年改修され現在に至っている。三浦半島の灯台としては、他に城ヶ島灯台と観音崎灯台が有名。剱崎灯台は観音崎、城ヶ島に続いて日本で3番目に建設され、すらっとした観音崎が母、ずんぐりした城ヶ島を父とすれば、この灯台は長男といわれるのも肯ける。なお灯台内部には入れない。

|

« 所沢航空記念公園①−#35 謎のはたおり姫 | トップページ | シーボニアマリーナ−劇場版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 所沢航空記念公園①−#35 謎のはたおり姫 | トップページ | シーボニアマリーナ−劇場版 »